世界は一連の流れではなくて、瞬間の積み重ねの中に。

2016年の締めは

黒豆づくりにお屠蘇(おとそ)づくり、
年越しそばづくりでした!

黒豆が黒々とならなかったのだけど(笑)
味は本当に最高!!

お醤油をほんの少し垂らしてからの味わいが素晴らしくて。。

鍋の中をじーっと見つめて、すごく幸せな気持ち(@´ー`@)

あぁ、やっぱりわたしには食べ物なんだなぁと
自分の軸を再確認。

少しさかのぼり、
世界はわたしの鏡なんだなぁ、、、
そんな風に考える機会に恵まれた12月。

わたしはわたし自身を大切に扱うことを
すべての瞬間において妥協なく、
もっともっとやっていこうと思いました。

最近、時間の流れ方の概念が変わって

それは、「人生って継続した流れの中にあるのではなくて
一瞬一瞬の積み重ねの中にあるんだなぁ」

というふうに。

だから、
年を区切ることに実は意味はないのかもしれないのですが。

でも、
2016年は本当に素晴らしい年で
こんなに”年”に対して愛着が湧いたのは初めてでした!

今年出会ったこと、もの、ひと
すべての瞬間に、らぶ。

本当にありがとう!!!

来年も、また
愛だらけな瞬間の積み重ねをしていきたいな。

大晦日の、タソガレドキ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする