メッセージ機能の特性を理解して、正しく使いましょ。

【平常時】
ポジティブな感情がちゃんと伝わること、感情を意識して乗せること。
(意識しないとメッセージは無表情になりがち)

【ダークモード時】
ネガティブな気持ちがあるときは、感情をメッセージに乗せないこと。
メッセージでネガティブを伝えるということが、発する側が思うよりも受け手を傷つけたりダメージを与えるということを認識すること。

【正しいメッセージの使い方の心構え】

あくまで会って話そう、と思ってもらうための布石として使用すること。
メッセージのみですべて伝わることは不可能、という大前提を持つこと。
(1割も伝わらない)
本当に大事なことは
発する人自らが受け手と膝を突き合わせて直接伝えること。

いきなりの電話は暴力だ!(時間泥棒だ!)
という説が流れたことがあったけど
いまやLINEとかのメッセージも、(ちょっと別の意味だけど)時として暴力に感じることもあるのだ。

もちろん、発する側に悪意はないことも理解してるのけど。

頭を使おう。

画面の向こうにいる人のことを
一生懸命、考えよう。

画像はネットよりお借り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする