ときめく食卓、きらきらの毎日。

企画展「星空のイルミネーション」へ行ってきた!

calendar

reload

企画展「星空のイルミネーション」へ行ってきた!

六本木での企画展「星空のイルミネーション」へ。

展示系のものを見に行くことは

しょっちゅうはやらないのだけど、

新しいテクノロジーを駆使しているものは知見を広げたいがために、目にとまったものはできるだけ見に行くようにしてる。

星空の中に寝転ぶ。

星空の中を歩く。

ここでも、サンセットを眺める。

特設のカフェでは、乗せられてるなぁ〜と思いながらも

食べてみたかったメニューを

我慢せずに注文☆

これを頼んでみたら

 

こんな感じ!

“うわ〜

いかにも不自然な色の砂糖。笑”

なーんて思うのだけど、

こういうときは

見てみたい!食べてみたい!が先行する自分の好奇心を尊重する。

高級とか良いもの食べてる感はまったくなかったけど、華やかな盛り付けと

子どものときに食べたような昔っぽい、懐かしい味に

なんだかときめいた。

で、最後に

“最新テクノロジー見聞録”目線で気になっていた、参加型のプロジェクションマッピングコーナーへ。

 スマホで操作したものが、大きなプロジェクションマッピングに反映される。

スマホで操作して出したあやアイコン。

たまにアニメーションが流れる。

「星に願いを」で流れ星を流してみた。

 

隣にいた女の子が、これを見て

「いじゅう…?笑」とつぶやいたのが、

なんか楽しかった。

移住ということばって、

聞きなれない&面白いんだ。笑

星空企画を見て、夜景までも見たのだけど

企画よりも何よりも

いちばん心が震えたのがどこかというと

サンセット時に沈んでいくお日さまの表情

ときめく気持ちを信頼して、あのどきどきするほど青いパフェ(笑)を迷わず注文した自分の感性

(ちょっと前なら、悩んで注文してなかった)

“.早く滋賀に移住するぞー!”

という夢を叫んで、人からささやかながら反応をもらえたこと(笑)

外に繰り出しても、ノイズを直に食らわず

自身のこころの中で問答する習性が、どんどん身についてきたおかげで。

良いかんじに

世の中の感性からズレはじめてるなぁ〜

というのも、喜ばしいことのひとつだったり。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

彩

「食べ方は生き方」「毎日を好きなことだけで埋め尽くす」「家=最高に居心地のいいお城」がモットーな結婚3年目・30歳・千葉県在住のおうち大好き主婦