★厚岸のさんま鍋とおろし雑炊

「立派なさんまをどう食べよう?」

↑病み上がりの寝床(今日もほとんど寝てた)でひたすら考えてたテーマ。笑

焼きさんまも別日にやりたかったので

今日はお野菜もふんだんに使って、一尾だけをお鍋にしようと思い立ち。

のそのそと、

パジャマのままエプロンでキッチンへ。

昆布で出汁をとって

面取りした大根と人参を先にゆっくり煮て。

透き通る!

昆布出汁以外は、のちのちのさんまから良い出汁が出ることを信じて

塩(ぬちまーすとキパワーソルト)、醤油(みのり醤油)にみりん(三河みりん)をそれぞれほんのすこしずつの薄味に。

さんまは、きちんと(1〜2時間)煮込めば骨まで食べれると料理途中で知ったのだけど

時すでに遅し!

なので、裏技的に即席圧力鍋もどきを作って20分ほどお酢で煮込んでみた。

↑ お酢と水でさんまを浸し、アルミホイルで落としぶた+お皿でぴっちり蓋をして上から重しをしている

今日のお鍋は本当に自画自賛!!!

まず最初にいただいたお野菜が、あまりに甘くて滋味深くて。

出汁も本当に美味しくて、、、。

見た目のみならず、味も透き通ってた☆

そして、さんま。

骨もばっちり食べれて、

頭まで食べれて感激!

なにげに、さんまの骨を食べるのが初体験だったわたし。

美味しいなぁ、ありがたいなぁ。。。と噛み締めた。

さんま一尾で足りるかな〜と

ちょっと不安だったのだけど、すでにここでものすごい満足感。

そして締めの雑炊。

残った人参を刻んで
まずは玄米雑炊にして、途中でおろしを投入。

美味しい、、、。

さんまがきいた出汁におろしの爽やかさがベストマッチな、上品な味に。

そして、最後に卵で閉じる贅沢まで。

味の饗宴、という感じで

こんな良い素材のものの掛け合わせを

これでもか!というくらいにしているので、美味しくないわけがないというか。

野菜も美味しくて

さんまも美味しくて

お米も美味しくて

卵も美味しくて。

食べれるって、生きてて食べれるって

本当〜〜にありがたいなぁ。と、改めてまじまじと思った夕飯どきでした◎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする