ときめく食卓、きらきらの毎日。

記憶の中に生き続ける人を想い、目の前に生き続ける人との関係を紡ぐ。

calendar

reload

記憶の中に生き続ける人を想い、目の前に生き続ける人との関係を紡ぐ。

 

シンガーソングライターの花れんさんのライブ「春のつぶやき」へ☆

 

花れんさんとは

11年前に亡くなったカメラマンの父親が結んでくれた不思議な縁で、ずっとゆるやかに繋がらせていただいてきた。

 

 

初めてやりとりをさせていただいたのは、まだLINEもFacebookもなかった時代のメールメッセージ。

 

 

父が亡くなったあと数年間のあいだ、お父さん子だったわたしには

父の面影をひたすら探していた時期があって。

 

 

そのときに花れんさんのブログ記事に巡り合って、思わずメッセージをさせていただいたのがはじまり。

 

父の没後1年後のことだった。

 

(わたしたちをつないでくれたブログ記事「写真家・奥舜」)

 

 

亡くなった父を想って作ってくださった「あなたを隠した風の色」

を初めて聴かせていただけたのが

それからさらに8年経った一昨年のこと。

 

 

そして、さらに2年を経ての

先日のライブにて。

 

 

父親のことが、こころからほろほろとほどけつつあったわたしにとって

いまのタイミングであの歌を聴くことは、少しドキドキすることだった。

 

 

けど、それは取り越し苦労で

花れんさんのライブでの時間は、いまのわたしにとっての

優しい花ふぶきみたいな時間になった(*^^*)

 

 

記憶の中にしかいない人のこと
いま生きて目の前に存在する人のこと。

 

 

 

亡き父と、目の前のわたし。

すべてひっくるめて、ぎゅーっと抱きしめてもらえたような

そんな気がした。

 

 

父が他界したのは秋だったけど

冷たい風と暖かな風が交わりあう春という季節は、いつも心をふわりと撫でていく

わたしにとって、いちばん切なくて愛おしい季節であり。

 

 

春のさまざまなニュアンスを感じ、

花れんさんの優しさや心の美しい琴線に触れては胸がきゅーんとしてしまって

 

なんだか何度も涙がこぼれそうになった。

 

 

 

父がつないでくれた縁が、

ときを重ねてどんどん きらきらと昇華されていく感覚。

 

わたしのなかで、ずっと泣いていた父はもういなくて

花れんさんと一緒に写った自分の笑顔に

父の無邪気な笑顔がかさなった(*^^*)

大好きです(*^^*)♡

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

彩

「食べ方は生き方」「毎日を好きなことだけで埋め尽くす」「家=最高に居心地のいいお城」がモットーな結婚3年目・30歳・千葉県在住のおうち大好き主婦