好きなことしかやらないということ。

これって 自由に思えるものの、

実は結構な勇気が必要なことなんだなぁと。

最近、人から期待はされているものの

気持ちが乗らないことというのが発生して痛感してる。

だれかの、なにかの役に立ちたいっていう貢献欲はベースにある一方で

“あれれ、これも貢献なのかな。

なんでイヤなのかな?

損得勘定を手放したはずなのに、貢献ベースではなくて

わたしはまたいつの間にか損得を考えてるのかな”

と戸惑ったけど、

×人から期待されたことなら、なんでもやる

○やりたくてやったことが、結果的にだれかの役に立っている

結果は置いておくにして、

他人のために動くのか

自分のために動くのか

このふたつは明確に違っていたのだった。

今朝、西野亮廣さんのこの記事を読んで

さらに腑に落ちた。

キンコン西野「稼ぐべきはお金ではなく”信用”」

ひゃあぁ、、、勇気いる!!

勇気の先に見えるものを
もっと見に行きたいなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする