“.がんばらなくちゃ”ループ。

なんで連絡くれなかったの?
なんで一生懸命やってくれないの?

こんなことを思って、相手に大なり小なりがっくりしてしまうときに

ここまで言語化できていたわけではないけど、実は潜在的に思っていたことは

“わたしはわざわざ予定空けて待ってたのに”
“わたしはがんばってるのに”

ということばが自動的についてきていた。

無理しなくて良いし
がんばらなくてよい。

意図的にあるときから”がんばる”を手放してきたのだけど、最近の仕事では

人手不足だったり
任されることが増えたり
以前よりも視野が広くなったことで 見えてしまうことが増えたり

いつのまにか無意識にどこかで
“ちいさながんばり”が降り積もっていたみたい。

がんばってしまうと
ひとを責めてしまう気持ちが顔を出しはじめるんだな〜。

でも、ひとを責めてしまうよりもその前に
たぶん、潜在意識下で
わたしはわたしを責めていた。

ちゃらんぽらんに生きているように見えるあのひとや あのひとは

それを教えようとするためのメッセンジャーなのかもなぁ、、なんて思う週末。

お手本はこのひと↑(※このねこ。笑

キング・オブ・マイワールドのハナさん)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする