人の人生に興味がない。

ここまで言い切れるわたしは、

前代未聞。

いつも誰かになりたくて

憧れの誰かになりたくて

基準を決めてもらわないと、なにをするにも自信が持てずに

動けなかった。

例えるならば

こどものときにやってたセーラームーンごっこが、なりきる対象を変えて

モデリングとか憧れの人を真似ろとかみたいに ことばを変えながら

ずっと続いてきてしまったような感じ。

数ヶ月前まで

そのときどきで人に執着しては泣いたり怒ったりしてたのが、笑えるくらい!

あー、なんかすごくラクだ( ̄▽ ̄)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする