30歳、いまのお肌とからだがいちばん好き。

この歳(※30歳)になってみて思うけど

“女の子”と”女性”というものは

なんだかまったく別の生き物なんだなぁ、としみじみと感じる。

自分の中で振り返ってみると

〜17歳くらい:女の子

〜24歳くらい:女子としての背伸びをいろいろ覚えたけど、まだ女の子

〜28歳くらい:”女子”が板についてくる

29歳〜??:”女子”を脱皮して”女性”へ足をかけ始める

こんなイメージ。

(“女子”は女の子から女性へ移る際の過渡期。どちらかというと”女の子”寄りな感覚。)

年齢を重ねる=老いる

ということについて、歳とともに起こる身体の変化は

実際問題として、もちろんあるのだけど。

(老いる、とか書いたけど

ネガティヴに捉えていないので 言語表現としてはなかなか不十分笑)

でも、顔のない誰かから知らないうちに刷り込まれている

“お肌の曲がり角だ〜”

“アンチエイジングだ〜”

と、はめ込むようなことばが 世の中のそこかしこをふよふよと浮かんでいる様子を

以前は間に受けていたものの、最近は

外からたんたんと見ている。

肌のハリは、実質20代前半よりも失われたし(気に病んだこともあった笑)

徹夜する体力がなくて 疲れたらすぐに眠たくなっちゃうけど

わたしは

いまの自分の肌がいちばん好きで、

いまの自分のからだがいちばん好き♡

作り込まなくても しっとりと優しく水を抱えたような

わたしの天然肌。

ハリハリの肌からすると、なんだかちょっとヨレていて(笑)

“隙(すき)”がある感じも好きだ。

でへへ。

心身ともに、いまがいちばん健康だし

エネルギーも正しく流れているからこその

このからだと肌なのだと思う。

自分の肌のコンディションやからだの軽さに触れるたびに、恍惚をおぼえている♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする