「お金が大好き!」ということと、「お金目的に行動する」ということはまったくの別モノ。

こういうのが目についてしまうこと自体、

わたしもまだまだなんだろうけど(笑)

“お金”を史上最大の命題にしてしまっている人を見ると、

わたしには それが透けて見えてしまって

なんというか、「ふっ。(←遠い目)」みたいになってしまう。

(自分が過去にそうだったから!)

SNSとかでのポジティブマンセー!みたいな

キラキラバブリー系マーケティングだったり、

最近ちらほら見る

えろえろセクシーに本能の声を聴こう!マーケティングだったり。

それはそれとして

ばっちり板についてるというか、

「それがわたしの本能で本職で天命なの!!!」くらいに振り切っていれば良いんだけど。

(そして不思議と、この振り切りもちゃんと読み手には伝わるもの)

なんとゆーか

本人の中での迷いとかブレが透けて見えちゃうと、もうだめ。

で、迷いとかブレが出るのって

「お金を目的に、手段を後付けに選んでいる」からだと思う。

いやいや、あなたの好きなことって

それじゃないでしょ!

あなたの魂は、そこに燃やされたがっているわけではないでしょ??

という感じ。

※↑これは、過去のわたしに向けても言っている

本当は逆で、


“自分が心から愛おしいと思える日々を積み重ねることで、歓喜に包まれて生きる”

これが目的であって

“お金”

これは手段でしかないのだよ。

追伸

で、紛らわしいのだけど

本当に”ただひたすらに、お金を稼ぐ”

このこと自体が目的、

すなわち

お金を稼ぐことにとてつもない快楽を覚える人種、というのも存在すると思っていて。

自分はどっちのタイプなのか、、、

      お金を目的にして心から喜べるタイプなのか

お金は単なる手段と認識して好きなことを積み上げて喜ぶタイプなのか

この見極めはできるようになるべきだなぁ、と思った。

これができないと

なんであの人にはできるのに、わたしには出来ないんだろう、、、ループで苦しむことになるんじゃないかなぁ。

そりゃ、ゴールが違うのだから

できなくて当たり前なんだけど。

追伸2

タイトルにも書いたものの、文中だけ読むとディスってるように見えるので(笑)

もういちど書いておくと

わたしも、お金は手放しに大好きである♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする