“自分を何があっても見捨てない。”

このところ休みのたびに一日中ぐーぐー寝てしまったり

仕事を回す日常に着いて行けなくなったり

朝早く起きれなかったりする自分を

その瞬間に うぁぁ〜〜!とちょっと責めてしまうことがたびたびあったりして。

(眠ることへの罪悪感はないが

ブランチを午前中に食べて夕飯は夕方に食べるとかみたいな、理想の一日スケジューリングがあるので

それを外すとちょっと凹む)

でも、最終的に引きずらずにいられるのは

ベースにあるこれのおかげかもなーと

改めてふと思ったので写メ↓

※寝室にかけてある笑

<より良い人生の為に>

一.約束は死守する

一.自分を何があっても見捨てない

一.レスポンスの早さにこだわる

いつだったか、

わたしがしょっちゅうの体調不良で人との約束をドタキャンして(当時ご迷惑をかけたみなさん、ごめんなさい)

布団の中に引きこもって自己嫌悪に泣いていたときに

主人が無言で壁のホワイトボードに書き付けていたのを、気づけば日常の節々に眺めて過ごしてた。

一つ目と二つ目はなにげに意識して生きていて、

特に わたしに圧倒的な生きやすさを授けてくれたのは二つ目の

“自分を何があっても見捨てない”

これだった。

自分を大切にしようとか

自己愛が大切とか

セルフイメージとか

何度も言われてきたし、意識してきたつもりだったけど

これまで効いてなかったんだな〜。

何げなさそうに

さらっとこれを書いてくれた主人は変わり者だと思うけど笑

やっぱりすごい人だとふとした時にまじまじ思うし、

かつてのわたし自身よりも わたしを見捨てないできてくれたのがすごく救いになったように思う。

いつもありがとう(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする