ときめく食卓、きらきらの毎日。

貧乏は笑えばいいけど 貧乏”くさい”自分は許可するな。

calendar

さいきん言語化できたのだけど

 

思い返せば 子どものときから

ずっとずーーーっと 潜在的にあった価値観、

 

 

貧乏”くさい”ということが

死ぬほど嫌いである

 

ヽ(´ー`)ノ

 

 

 

周りの人を見ててもそうだし、

自分の行動においてもそう。

 

 

 

なんかもう、

切腹レベルにもだえるほど イヤ。笑

 

 

、、、

でも、貧乏なときもあったし

いまも

「うおー!手持ちが1万切ったー!!!」(笑)みたいなときだって、あるし。

 

 

なんとゆーか、

「貧乏」もそうだし

「病気」もそうだし

「怠け」とか

「怒り」とか「悲しみ」もそうだけど、

 

 

状態として存在するのはOKなんだけどね

それが恒常化した人にはなるなってことなんだな〜。

 

 

 

「貧乏」な状態になってもいいけど

“貧乏人”にはなるなだし、”貧乏くさい”感性を自分に許すな。

 

「病気」になることがあってもいいけど

“病人”にはなるな。

 

「怠け」る日があってもいいけど

“怠け者”にはなるな。

 

「怒り」を感じることがあってもいいけど

“怒りっぽい人”にはなるなだし、

「悲しみ」を覚えてもいいけど

“幸薄い人”にはなるな。

 

☆☆

 

「貧乏」と”貧乏くさい”については、わたし自身がずっと混同してきたから

やみくもにお金を追い求めるのに、変に見栄を張って散財したりして

 

結果、”貧乏人”ループ。

 

 

 

 

いま わたしが思う”貧乏くさい”っていうのは、

目先のお金という物体の増減だけを見ていて

その先にある価値を受け取れないということだ。

 

 

例)

 

「安いから買っておかないと損」

→そもそも、それ欲しかったの??

定価でも欲しいものなの?

 

「食べ放題だから食べないと損」

→そもそもそんなに食べたいの?

 

「楽しみにイベントや飲食店に来たけど、できるだけ安く済ませたいから

節約しながら楽しもう」

→価値を受け取りにきたんじゃないの?

その節約した数百円を払って得られる価値(本当は食べたかったものとか欲しかった体験とか)を 捨ててもいいの?

 

「あと少し仕事して、残業代稼いでいこう」

→とっとと終わらせて、信頼を稼ごうとか思わないの?

 

☆☆

貧乏くさい”というのは意識の向け方と健全な直感力の話なので、

お金持ってる人でも 貧乏くさい人っているなーと いろんな人見てて思う。

 

 

逆もしかり♪

近所の珈琲屋さんでカプチーノ♡

ここのカプチーノはめちゃめちゃ美味しい!

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

彩

「食べ方は生き方」「毎日を好きなことだけで埋め尽くす」「家=最高に居心地のいいお城」がモットーな結婚3年目・30歳・千葉県在住のおうち大好き主婦