ときめく食卓、きらきらの毎日。

人生に意味なんてないし、意味ないことやったっていい。むしろ、意味ないことに意味があるのかもね。

calendar

10月に毎日のように可愛がっていた野良猫ちゃんが亡くなり

SNSでコミュニケーションしていた

学生時代の仲良しだった友人が突然亡くなった。

 

大好きすぎて 楽しすぎて、

心底惚れ込んでいた2年間勤めた仕事先を

思いがけずに辞めることとなった。

(いったん休みますというかたちで、

復帰するつもりで休んで

結局いろいろあってそのまま辞めることになった。)

 

 

底知れぬ喪失感。

 

 

あぁ、あれが最後だなんて

思わなかったのに。

 

 

もう会えないんだ。

もうあそこに立てないんだ。

もうあの光景を見ることもないんだ。

 

 

 

いままで当たり前にそこにあったものが、

そこにあった温もりが

そこに息づいていたものが

わたしの世界を構成していたものが

 

手からすり抜けて こぼれ落ちて、

ばらばらに砕け散るような感覚。

 

 

組み立てたパズルのピースが

ばらばら〜!って落っこちて世界が消えるようなかんじ。

 

 

一ヶ月間くらい

消えていったものたちを思うたびに

やるせなくて、寂しくて悲しくて

そしてこの世界がとても怖くて

涙が止まらなかったのだけど

 

感情に蓋をしないで、

とにかく胸の中をぜんぶ、風呂敷みたいにひろげて

じーーーっと観察してた。

 

観察しては涙が出て、

またじーっと見つめては涙が出る。

 

この繰り返し。

 

 

で、

意図的にここまでたどり着いたの初めてでちょっと驚いてるけど

ずっとこれやってたものだから たぶん

飽きた(._.)

 

 

 

はやくも前向いてきてる自分にびっくり。

 

薄情かもしれないけど、

なんかもう引きずってない感じしてる。

 

でもこれって、

わたしの生きる強さ。

 

 

 

仕事とか、自分の毎日を構成してきたものがなくなって

まっしろ。

 

だから、どんな絵を描いてもいいよね。

 

 

まだ

水彩絵の具使わなきゃダメとか

クレヨンじゃなきゃダメとか

この色使っちゃダメとか

そういう制約を無意識にしてる自分の存在があるけど

 

でも

人生に意味なんてそもそもないんだから

だったら

意味とか考えなくったっていいじゃんって思った。

 

 

どうせ死ぬし

どうせ生きてるし

失って悲しんで

怖がってたって、またどうせ失って悲しむし

またどうせ誰かと出会って

愛おしく思うし 大好きになるし。

 

 

だから

もう 好きにやっちゃおう。

 

 

意味ないことのなかに

自分の人生の意味があるのかもしれないなって思った。

 

IMG_6110

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

彩

「食べ方は生き方」「毎日を好きなことだけで埋め尽くす」「家=最高に居心地のいいお城」がモットーな結婚3年目・30歳・千葉県在住のおうち大好き主婦