損得でもなく、善悪でもなく「好きか嫌いか」。それだけでいい。

シェアする

基本的にはわりと決断早いほう、なのだけど

定期的に(?)

どうしたいのかが決められない、優柔不断ターンがめぐってくるわたくし。

こういうときは、たいてい

損得勘定と 善悪意識と 好き嫌い感覚がごちゃまぜになっているパターン。

おとといがそれで

自分の中で答えが出なさすぎて

“あ〜でもないこ〜でもない”のぐるぐる状態を

主人に付き合ってもらいながら(笑、ありがとう!)

繰り返す、繰り返す、、、。

☆☆

ぐるぐる悩んでいた内容言うと、新しい仕事を辞めたかったのですね(爆)

職場の人の物言いとか

コミュニケーションが

なんかもうムリだった。。。。。

個人的には、受け入れ側の態度ってすごく重要だと思っていて

これは新しく入っていく側だけでカバーできる話ではないんたよね。

だって、仕事の勝手がまだわからなくて気を使う上に

その場のニュアンスもわからない(これは誰がやるとかどうやるとかみたいな

変な今ではなくて暗黙の了解、みたいなやつ)

から、神経使うところがそもそも多い。

悪意はないと思うけど、

でも、だからこそ逆に

ナチュラルでそれかよー???と思うと

ちょっと絶望した。

“絶望した”なんて書いても、これは上から言ってるわけではなくて

善いか悪いかはその人それぞれで知らないし

(わたしの感情としては、ムカついたりはするけど笑)

研修とか充実しているし

せっかく決まったのを辞めたら損をするかもしれない、とか過ぎったりして。

けど。

結論、「わたしの好みのコミュニティではなかった」。

そう思って、勇気を出して

辞める連絡をしましたぜ!

すんごいざわざわ、どきどきしたけど

まぁ、すんなりと。

☆☆

好き嫌いで決める、というのが

冒頭で書いたとおり

時として難しいときがあって。

ここは第六感というか、”ピンとくる””こない”とか

ちょっとした違和感に気づくとか

そういう動物的な感覚を研ぎ澄ませておくことが大事かな、と思った。

この感覚を研ぎ澄ませてものごとを見て→飛び込んでみて→答え合わせをして、、、(最初の”ぴん!”とあとあとの流れがどんどん一致していけば最高)

思えば、冒頭に書いた辞めたお店って

この”ぴん!”がなかったんだよね。

面接してくださった方はもちろん悪い方ではないし、頭の回転が早い感じの方だったけど

どこかで噛み合わないような、そんな”なんかぴんとこない”感じを飲み込んだことを

思い出した。

「ぴんとこなかった→やっぱり違った」

答え合わせができた。

☆☆

というわけで、さっそく面接2件行ってきました!

1件は面接でぴん!ときた。

(採用担当してくださった店長さんとオーナーさんが飾り気なくて、好感が持てた)

もう1件はすこーーーーしだけ違和感、、、まではいかないけど、少しなにかが気になった。

(店長さんは良かったと思ったけど、その場にいたスタッフさんが挨拶返してくれなかった)

※カッコの中は、第六感を理由づけした思考

条件的(損得的)にはどちらも良いし

この”ぴん!”の答え合わせをもっとしてみたくて、どちらのお店にも

試しに働かせていただくお願いをした。

(双方のお店に、もう一件考えていることはお伝え済み)

☆☆

もうひとつ掛け持ちのお店を探し始めたそもそもの動機は、「自分のスキルになるような調理場経験」という

一見”損得”的なものだけど

大前提として、そこにはやっぱり楽しさがないと!!と思った。

好き嫌いを嗅ぎ分ける動物的感覚を

もっともっと伸ばすぞ〜(*’▽’*)