欲しいのはモノではなくミライでもなくアナタでもなく。

モノが欲しいのではなく

喜びにハートが華やぐ感覚が欲しい。

ミライが欲しいのではなく

イマ・ココを純粋に、曇りなくまっすぐに踏みしめて感じ尽くせる瞬間を

ひとつずつ重ねたい。

アナタが欲しいのではなく

わたしはわたしのど真ん中に触れて、抱きしめていたい。

欲しいものはすべて

自分の内側にしかないってこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする